梅干し作り

2019-08-07

土用の丑の日の一年で一番暑い日に梅干しを天日干しするのですが、保育園は3歳児さん、4歳児さん、5歳児さんが7月29日(月)~31日(水)の前半3日間と8月1日(木)~3日(土)後半3日間天日干しをしました。

hhgg

 

hhhgghh

 

今年は梅干しが2瓶あったのでザルが足りないので前半と後半で分けました。

 

hhgghh

紫蘇に埋もれた梅干しさんを、紫蘇を除けながらお箸で探します。

1個ずつお箸でつまんで、落とさないようにザルに並べます。

 

gghhh

ザルに並べる時は梅干し同士がくっつかないようにします。

「わ~梅干しの良い匂いがする。」

「唾がたまってきた。」

「梅干しおにぎりが食べたいな。」

s

 

hhhgg

今年は松倉さんに頂いた梅もあるので、沢山出来ました。

 

hhgghh

1個ずつ丁寧に作業するので時間もかかりますが、皆順番に最後まで頑張ってくれました。

 

e

 

こんなに沢山並べました。

 

kjkk

 

kkkj

前半はザル3つ分も干しました。

 

f

後半は皆一度梅干し干し作業を体験したので、慣れていました。

 

ffd

 

紫蘇の葉も干しました。

干したらなぜだか美味しくなります。

お日様のパワーは凄いですね。

 

dd

 

ddf

大きな梅干しが沢山並びます。

ffddff

後半も干し上がりました。

ww

3日間干した状態です。

もう一度瓶に戻して梅酢に漬けるのですが、この時点でも「干し梅」の状態でとても美味しいので給食でご飯に乗せて頂きました。

カラカラに乾燥した紫蘇もとっても美味しいですよ。

みんな「酸っぱいけど美味しい」と食べていました。

梅干を漬けた人しか食べられない特権ですね。

 

Copyright© 2015 第二青蓮保育園 All Rights Reserved.